FC2ブログ

                            このサイトはTJMインテリアのオフィシャルプログです。

"『弾いてみた』をやってみた。ever free_編"

でっ早速、先日ご紹介させていただいたビル・ローレンスの"BL-1"を使用して、

hide with Spread Beaver "ever free"の『弾いてみた動画』を作ってみました。






チューニングはレギュラーから半音下げにして更にドロップDへ。
(※半音下げの際にもドロップDって表現していいのか分かりませんが・・・スイマセン勉強不足です・・・)

先日の"BL-1"のブログ内でもこのギターの使用頻度が高いと記述させていただいておりますが、

その理由の一つが実は変則チューニングのし易さで、

先に使用していたシェクターはフロイドローズ&ロック式ナットを採用しているため、

なるべくレギュラーチューニングの楽曲に。

変則チューニングの楽曲はビル・ローレンス、みたいに小生は使い分けております。





今回はスコアを以前に購入して持っていたので使用しておりますが、

完コピ及び、忠実な再現をしておらず小生の自己満的でノリとグルーブ重視な演奏となっております。

予めご了承ください。(悲)















追記 でも、こういうノリのいいロックは弾いていて楽しいです。










スポンサーサイト
  1. 2019/07/20(土) 14:32:34|
  2. 音楽・楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"『弾いてみた』をやってみた。BELIEVE_編"

最近"『弾いてみた』"動画を作りながら、

この先、登場するであろうギターがあることを思い出したので先にご紹介させていただきます。
































小生所有のエレキギター、ビル・ローレンスの"BL-1"。

2019_6_25_b.jpg
ピックアップはその名の通り"Bill Lawrence製 L-500"というちょっと特徴的意匠のモノを前後に搭載。

セレクターは3wayでトーンとボリュームノブというシンプルなレイアウトになっており・・・

2019_6_25_c.jpg
1980年代にモリダイラ楽器(モーリス)さんが製造・販売していた日本製のギターです。






このギター、実は決して高価な物ではなく当時の価格はこのモデルで7諭吉ぐらい、

小生は縁があって数年前に中古で3諭吉程度で購入しました。

音的な事は上手く表現できないのですが以前に紹介させて頂いた"シェクター"と比べると、




     『丸っこい』というか・・・、『柔らかい』というか・・・




(※スイマセン、音に対する表現じゃないですが適当な言葉が見つからないです。小生には↑コノのように聞こえます・・・(悲))


で、シールドを挿さない生の音もネック?ボディ?が良いのか結構響きます。

トレモロアームが欠損していた以外は大きなキズや不具合も無く、

気軽に弾けるので小生的には結構使用頻度の高い1本です。

またこれを使った"『弾いてみた』動画"も作ってみますので宜しければ是非。













ギターは上とは違いますが今回は、

LUNA SEAの初期の楽曲"BELIEVE"の『弾いてみた動画』を作ってみました。

が、・・・・・所々、リズムが迷子に・・・・・・ご了承ください(悲)。



[広告]














追記 一定のリズムをキープする曲は・・・・・難しい・・・・・












  1. 2019/07/03(水) 19:53:32|
  2. 音楽・楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"『弾いてみた』をやってみた。フレンズ_編"

立て続けてもう一つ。

今回は団塊ジュニア世代の大好物または、アラフォー・アラフィフホイホイ的な名曲、

レベッカの"フレンズ"の『弾いてみた動画』を作ってみました。











小生も思い起こせばレコードの中で2枚目に買ったのがレベッカで、(※ちなみに1枚目は確か"シーナイーストン")

小学5~6年生ぐらいの時に貯めたお小遣いで"フレンズ"の収録LPではなく、

何故か『ボトムライン』という12インチシングルを買った記憶が・・・・・・

前回同様、細かな部分やツッコミ何処は目をつぶっていただき、

カルガモ親子の引っ越しを見届けるかの如く穏やかな心で閲覧いただけると幸いです。











[広告]











追記 正確にはスコアを持っていたのですが数十年前に紛失しており、

    今回もネット上の皆さんの演奏を耳コピ&個人的解釈で演奏しております。

    何卒、ご了承ください。










  1. 2019/06/15(土) 16:33:29|
  2. 音楽・楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"『弾いてみた』をやってみた。恋心_編"

見よう見まねで相川七瀬さんの"恋心"の『弾いてみた動画』を作ってみました。

小生が今持つ、スキル・機材・知識のとりあえず限界です。

スコアは無くネット上の皆さんの演奏を耳コピ&個人的解釈で演奏しておりますので、

細かな部分やツッコミ何処は目をつぶっていただき、

何卒、寛容寛大な心で閲覧いただけると幸いです。











※音量少し大きいので注意してください。

[広告]











追記 やってみて分かったこの大変さ・・・。(悲)

    動画アップされてる皆さんマジ、リスペクトっ!!










  1. 2019/06/08(土) 17:04:27|
  2. 音楽・楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

"後は野となれ山となれ"legend編 其の6

さて遡ること2年半ほど前の記述を最後に更新が途絶え、

小生も記憶から消えかかっていた"legend"製レスポールタイプギター。

無計画に購入し修理と勉強をしながらローコストでの復活をテーマに作業を開始。

途中、安易に取り組んだ己の愚行を呪いながら前回のペグ及び電装系作業まで終えたあと

実は一応、完成はしていたんです・・・・・一応・・・・・





























    ピックガードは小生の好みで外し、トラスロッドのカバーは付け忘れ・・・・・

2018_11_9_b.jpg
    ペグは例の"BARCLAY"用を移植し、サドルは"TUSQ(タスク)"を使用。(※綺麗なグレーだったのに日に当たって変色・・・・・(悲))

2018_11_9_c.jpg
    そしてピックアップ、ブリッジ、テールピースを磨き & 組み換えて再利用。ボリュームノブとトーンノブも再利用。

2018_11_9_d.jpg
    で、電装系も見直し。画像にはありませんが各々の蓋の裏にはノイズ軽減?のためアルミテープを張ってみたりして・・・

2018_11_9_e.jpg
    弦高等の調整をして完成っと。

   










BK×GDの華やかなでゴージャスな雰囲気から、BK×SVのツートーンで冠婚葬祭にも対応できる装いに。

ヴィジュアルはまあ概ね理想に近い雰囲気になったかな。











で、肝心のサウンド面。

ボリュームはフロント・リアともに問題は無いのだが、

トーンノブをフロント・リアともに上げていくと・・・・・


























  『良く言えば、攻撃的なロックサウンドっつ!!
                 





        悪く言えば、暴力的なノイズ・・・・・・・・・・(悲)』



















・・・・・疑わしいところを探ってみるものの解らずお手上げっ。






で、放置・・・・・






さらに、愛情の枯渇・・・・・






結果、現在に至る・・・・・。







と言うことで、

『問題を解決せず、気持ち悪いほどのモヤモヤ感を残したまま』

小生の気まぐれで"後は野となれ山となれ"legend編、強制的に終了。












最終的な出費

"legend"ギター ¥1500

"BARCLAY"ギター ¥2000

100均製仕分けケース2台分 ¥200(¥100×2)

ナット"TUSQ" ¥700

コントロールポット500KA ¥900(¥450×2)

コントロールポット500KB ¥840(¥420×2)

コンデンサ"SPRAGUE" ¥1100(¥550×2)

配線用ケーブル"BELDEN" ¥1100(¥220×5m)

計 ¥8340+税










追記 とは言うものの、ちょっと前にまた例の楽器屋で"Epiphone"のフロント用ピックアップを買ったので、

    機会があったら付けてみます。










  1. 2018/11/18(日) 15:55:17|
  2. 音楽・楽器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ