FC2ブログ

                            このサイトはTJMインテリアのオフィシャルプログです。

"F"

ギターに興味を持って練習を始めるとどのジャンルへ進むかに関わらず

とりあえず初期の段階で通るものに"コード"というものがあります。

細かな説明は割愛しますが、要は和音のことで複数の弦を指板上で同時に押さえ音を出します。






基本は、

C(ド) D(レ) E(ミ) F(ファ) G(ソ) A(ラ) B(シ)

で、ご覧の通りドレミに対応しており、

それぞれの和音に合わせて複数の弦を押さえるフォーム(手の形)を最初は7音分である7つを練習します。

6音分は比較的スムーズに覚えたとしても

この一般的な日常生活では出現頻度の低い"Fコード"のフォームが・・・・・








『ふざけんなっ!!おれの指と手首はそんな風に曲がんねぇんだよっつ!!』






と、ほとんどの方が一番最初の大きな壁にぶち当たるギター"あるある"かと思います。(※当然、小生も然り。)

練習を重ねれば時間と共に習得はしていくのですが、

その間は上手く音が出なかったりして、ヘコみ情熱が薄れ、

結果、ギターを辞めてしまう方もいるかもしれません。

しかしこの"Fコード"のフォーム、ギターをそのまま続けて行くと、

非常に重要で意味のあるフォームである事に気づかされる時が来ます。

そこで、小生的解釈でこの"Fコード"が如何に重要かを、

             『自転車の補助輪』

に例えてお話しさせていただくと・・・・・











遡ること幼少期に補助輪付きの自転車を、



                『楽すィーっつ!!』



と、"ガラガラ"音をさせながら走り回っていたかと思います。

そして数か月の時を経て例の補助輪を外す儀式の際には・・・



     『こんなもん絶対無理っ、転ぶっ、ケガするっ!!』



と思ったのも束の間、慣れてしまえば、



 『・・・・・・・・やべぇ、何処まででも行ってしまいそう・・・・・・・』



というような経験をされたことがあるかと思われます。



つまりこの"Fコード"を覚えることは乱暴な言い方をすれば、

自転車の補助輪を外す事ぐらいの変化があります。

補助輪付きの自転車でもスピードを出したり、長距離を走ったり、十分に楽しく乗る事は可能ですが、

自転車本来の楽しさは得られないと思います。

同様に"Fコード"避けてギターを弾くことはある程度までは可能かもしれませんが、

それではギターの楽しさを半減以上させてしまいます。(※小生的には。)

頑張って習得したとき、それはそれは自転車同様に"やれること"が一気に変わってきます。

慣れるまではイライラするかとは思いますが、

これから始められる方、今頑張ってられる方のご参考になれば。













追記 小生、講釈言えるほど上手くはないのですがスイマセン、ギターが好きなもんで・・・

    










スポンサーサイト



  1. 2019/03/30(土) 17:25:32|
  2. 見解
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<"ブルー×ホワイト×ブラウン+グレー" | ホーム | "ヘリンのボーン">>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://tjminterior.blog.fc2.com/tb.php/183-53dadd31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)